忍者ブログ
日々の事、見た映画、読んだ本、漫画の感想も。
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/06 NON]
[01/14 NON]
[11/24 みか]
[10/30 NON]
[09/28 響佑]
最新記事
(01/26)
(01/08)
(01/06)
(01/03)
(12/31)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(01/26)
(01/08)
(01/06)
(01/03)
(12/31)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


5日から仕事が始まったのですが、

ガツンと忙しくてグッタリですT_T

まぁ3連休が過ぎたら暇になっていくんだろうなぁと思うんですけど...


お休みボケな頭と体がついていかない感じです>_<


マッサージ行きたいなぁ。
PR

こんばんは ayukiです。

ギリギリ滑り込みで、9話目アップしました。

残りはあと2話の予定です。



長い間放置したままになり、今年なんとか少しづつまた始めたいなと思う

リハビリな1年でした。



そんな私に、感想のメールを送ってくださった方

本当にありがとうございました。


中々お返事を書くことはできておりませんが

頂くメールがどれほど励みになり、PCに向かう気力となっていることか。


本当にありがとうございました。



サイトに足を運んでくださる方すべてに感謝です!!!!



来年も、少しづつ亀より遅い歩みかもしれませんが

新しいお話を書けたらいいなぁっと思っております。


来年も変わらずお付き合いいただけましたら幸いです。


良いお年を!!!!





 -----寒っ寒っ
 響はコンビニの袋をカサカサ言わせながら小走り気味に家路を急ぐ。
 家路といっても、まだ夕方前の15時半ごろ。なんとなく、小腹が空いて、それなのに家には食パンは切らしてるは買っておいた冷凍ピザは無いしで、とりあえずコンビニで済ますことにしたのだ。
 食べて用意して、少し早めに出て買い物してから職場に行こうと思いながら、その足を速めると。
 -----あれ?
「由岐人さん?」
 マンションが見えてきたと思ったら、由岐人がこちらに向かって歩いてきた。
「何してるの?仕事、今から?」
「ん、通りまで出てタクシー拾おうと思ってね」
 ビシっとスーツを着た上から、明らかに高そうな黒のコートを羽織っていた。触らなくてもわかる滑らかな風合いで、タイトなシルエットが由岐人を一層美しく見せていた。
「お疲れ様」
「響こそ、今日も仕事だろう?」
「うん。そっちが仕事で高崎さんいないし、まぁ不景気だからさ、やっぱり少しでも開けておかないとって事で」
「お互い頑張るしかないね」
 響と由岐人は顔を見合わせて、クスっと笑う。
 今年は特に色々あって、飲食業界への風向きはなかなか厳しい。この年末で店を閉店させるところも周りには何軒かある。お互いそうはならないだけでも、良しなのかもしれない。
「あ、そうだ」
「うん?」
「2日、ウチに来るよね?」
 お正月恒例、4人で集まる。
「の、つもりだけど?」
「なんか食べ物リクエストある?咲斗さんは蟹って言うんだけどさぁ、蟹ってみんな黙るからさぁ、ほかになんか無いかなぁって」
「今から買うの?」
「明日買ってから仕事行こうかなぁって。冷蔵庫に入れさして貰えるし」
「ああ、そうか」
「どう?なんかある?」
「あーじゃあ、蟹でも剥いてあるのあるじゃん?」
「ああ、あるね」
「あれでいいんじゃないの?」
「そっか・・・でも蟹だけ?」
「うーん・・・あ、僕はこないだ食べた、鳥のから揚げのみぞれあん?が食べたい」
「いいよ、美味しかった?」
 響が嬉しそうに笑う。それは一月くらい前、4人でご飯を食べたときに作った料理の1つだ。気に入って貰えたようで良かったと、響がにこにこすると、由岐人は少しばかり照れくさそうにそれを隠すように向こうを向いて頷いた。
「おっけー。じゃあ蟹と、後なんかほかに魚とかあったら見て、鳥カラね」
「筑前煮」
「了解」
 響が満面の笑みを浮かべて返事をすると、由岐人はチラっと響をにらむように見てから、
「じゃあ僕急ぐから」
 そう言って、早足で立ち去っていく。
 その後姿に、
「いってらっしゃーい!!」
 響は大きな声でそう言って、見ていないの手を振った。
 頬が少し赤らんでいる由岐人の顔が可愛いなんて、由岐人に知れたら何を言われるか分からないようなことを思いながら。

 

「由岐人、上ケンカしてるの知ってる?」
 剛は、いやもう楽しいと言わんばかりの顔つきで、由岐人に話しかけた。
「・・・あー」
 こちらは逆に複雑な顔で、曖昧な返事を返す。
 今日の朝食は簡単に、野菜入りのスクランブルエッグに、イングリッシュマフィン。キャベツと玉ねぎとソーセージのコンソメスープ。その、とても美味しく仕上がったコンソメスープを由岐人は苦いものでも飲むような顔で飲み込んで。
「この年末に、まったく・・・」
「でもさ、まぁどっちもどっち?」
「咲斗もやりすぎなんだよね」
「お!?それってダジャレ?」
 ヤル?犯る?
「バカ!!」
 ガツっと剛の向こう脛が蹴られた。
「痛っ」
「くだらないこと言うからだよ」
「それは由岐人が・・・いえ、なんでもありません」
 また蹴られてはたまらないと、剛は慌てて足を引っ込める。
「とりあえず、早く仲直りするように言って」
「俺が?」
「そう」
「どうせ犬も食わないって」
「そうだけど、年末だし」
 頭の上でケンカしたまま年を越されたくない。二人には、幸せであっていてほしいと思うから、どうでもいい、いつもなら放っておくケンカも、年末のこの時期はなんだか放っておけない。
 新年は仲良く迎えて欲しいから。
 きっと由岐人がそんな心配はしなくても、二人ならそうなるだろうけれど。
 時々疼く負い目が-----------まだ。
「わーったよ。後で話してみる」
 それでいいだろ?と剛はキャベツと卵をフォークで口に運びながら由岐人に言った。
 由岐人は、剛のその"わかってる"らしい視線が上手くまだ受け止められなくて、下を向いたまま頷いた。
 まだ、心の中まで分かられるのは、わかろうとされるのは、嬉しさよりも気恥ずかしさと、意地が先立ってしまう。
 由岐人はいい加減つまらない意地だとわかりながらも、黙ってパンをかじった。
 


 響は手にしていた洗いたての靴下をじとっと見つめた後、これから畳まれるであろう洗濯物の山にボスっと投げ返した。
 -----ったく。
 酷いめにあったと思う。
 腰はだるいし股関節が痛い。喉も痛いし何より、昨日の休みで取るはずだった週末の仕事の疲れが取れないばかりか、倍になった気がする。
 それなのに、その張本人、文句を言ってやりたい当の本人は、VIPからの電話で慌てて出て行って。 
 あぁ~ムカつく。もうムカつく。すっごくムカつく。こっちだって仕事だし。ちょっと酔っ払った客に抱き着かれて、おふざけでキスされちゃっただけなのに。
 -----大体にして自分だってどうなのさ!!
 響はしばらく考えて、洗濯物の山から自分のものだけ取り出して畳む事にした。
 絶対畳んでやらない。
 -----ふんっ!!!だ。
 しばらくボイコットしてやるんだっ。

 


Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


*忍者ブログ*[PR]
*