忍者ブログ
日々の事、見た映画、読んだ本、漫画の感想も。
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/06 NON]
[01/14 NON]
[11/24 みか]
[10/30 NON]
[09/28 響佑]
最新記事
(01/26)
(01/08)
(01/06)
(01/03)
(12/31)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(01/26)
(01/08)
(01/06)
(01/03)
(12/31)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、取り上げられてました。
山口・光市母子殺害事件。
 
差し戻し審。
 
 
弁護士の数凄いですね。びっくり。
でも、彼らの中で、本当にこの事件を真っ直ぐ真っ当に見つめ
少年のためだけに弁護をしている人っているのかな?
 
18歳の死刑判決を阻止したいだけ。
 
そんな気がします。
それって結局はこの事件を利用してるしもてあそんでる気がした。
少年のした事を考え、本当の少年の更正を考えるなら、
”傷害致死”なんて主張をしたり出来るのか?
 
 
赤ちゃんを床に叩きつけて殺して、殺意がなく殺人で無いなら。
 
抱きついて声を上げられたから手で口を塞いで殺して殺人で無いなら、
 
一体何が殺人なのさ。
 
 
人を2人も殺して。
その先の未来も全て奪っておいて、更正?
 
そのチャンスをくれ?
 
だいたいそんな資格があるのか?
 
こういう事件が起こりたびに、加害者の更正を主張する人に聞いてみたい。
 
人を。
関係ない人の人権を無視して権利を無視して未来を全て奪ってしまった人に
そんな権利はあるのか?
 
 
 
PR

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


*忍者ブログ*[PR]
*