忍者ブログ
日々の事、見た映画、読んだ本、漫画の感想も。
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/06 NON]
[01/14 NON]
[11/24 みか]
[10/30 NON]
[09/28 響佑]
最新記事
(01/26)
(01/08)
(01/06)
(01/03)
(12/31)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(01/26)
(01/08)
(01/06)
(01/03)
(12/31)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

見知った子、小野田ゆかりがいた。
 由岐人には内緒だか、1度告られて断った相手。
「おっす」
 剛はミルクティーを高遠の前に置いて、自分も高遠の横に座る。
 ゆかりの今日の服装は、ニットのロングカーディガンにTシャツ?を2枚重ねに大きなネックレス。ショートパンツのロングブーツだった。
「1限お疲れ様」
「おう。----- 一人?珍しいな」
「ユカは寝坊したんだって。さっきメールあった」
 小野田がいつもつるんでる相手、重野由香。名前が似てるってところがキッカケだったらしい。剛にはさして興味は無かったが、なんかの時に聞かされたので覚えている。
 剛は暇を持て余して、鞄の中から本を取り出した。
「ねぇねぇ」
 そんな剛にゆかりは手を伸ばして本を引っ張る。
「なんだよ」
「今度の飲み会、来ないって本当?」
「飲み会?」
 そんな話あったっけ?と首を傾げてみると、
「金曜に、って俺言ったぜ?」
 どうやらノートを写しながらも話を聞いていたらしい高遠が顔も上げずに口を挟んだ。
「ああ。なんか聞いたな。俺その日バイトなんだよ」
 金曜は由岐人の帰りも遅いからかならずバイトを入れるようにしてあるのだ。その所為か、ここのところ飲み会にはほとんど顔を出していない。
「バイト変わってもらえ無いの?」
 ゆかりは膨れたような顔をした。自然と甘えるような仕草が出来るのがゆかりの凄いところで、これで他の男には結構人気があるらしい。
 不器用な由岐人とは大違いだな、と剛は内心思っている。
「無理だな」
「えぇー。じゃあバイト終わってからは?どうせオール予定だしさ!」
「しんどいって」
「お前ちょっと枯れてるぜ」
 また高遠が口を挟む。確かに20歳にして、さして夜遊びもしないし女の子と騒ぐわけでもない。告白されても断ってるし、はたから見たら勉強とバイトにいそしんでるだけにしか見えないのだろう。
「そうそう」
「んー別に枯れてねぇし」
「だって、竹内先輩も断ったんでしょう?」
「マジ!?」
 これには高遠も顔を上げた。
 竹内というのは1コ上にいる結構美人の先輩。高遠の友達が同じゼミらしくその繋がりで飲み会にやって来たのが知り合ったきっかけだったけれど、剛としてはその後は飲み会で時々見かけたり、学内でたまたま会った時に声をかけられたくらいだった。
 確かに、美人な方だと思うし悪い気はしなかったけれど。
「うー、まぁ」
 剛はズズっとカフェオレをすすった。
「なんで断ったんだよ!?」
 ゆかりも同意見なのか、興味津々の瞳で見つめてくる。
「高遠、もう終わったのか?」
「ちょっと誤魔化さないでよ」
「別にいいだろ」
 少し鬱陶しくて強く言ってしまった。その所為か、気まずい空気が流れたけれど、剛はもういいかと本を開いた。
 恋人がいることは誰にも言ってい無いのだ。言ったら言ったであれこれ詮索されるのに間違いない。本当に面倒くさいことこの上ないのだ。
 高遠もこれ以上突っ込まないほうがいいと思ったのか再びノートに視線を落とし、ゆかりも唇を尖らせながらも黙り、メールを打ち出した。
 
 
 
 
 
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


*忍者ブログ*[PR]
*