忍者ブログ
日々の事、見た映画、読んだ本、漫画の感想も。
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/06 NON]
[01/14 NON]
[11/24 みか]
[10/30 NON]
[09/28 響佑]
最新記事
(01/26)
(01/08)
(01/06)
(01/03)
(12/31)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(01/26)
(01/08)
(01/06)
(01/03)
(12/31)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 
ミャンマーでデモが始まって、いつか弾圧が始まるだろうと思っていたけれど。
 
人が、こんな風に死んでいくのは悲しいです。
 
国民が国に制圧されるなんて。
 
そしてそれを目の前に国際社会は何も出来ない。
 
軍政の元国民が弾圧されている苦しみよりも、
 
自国の利益が優先される。
 
それは仕方が無いのか?良心に反しないのか。
 
自分の国のために、他国の国民が犠牲になっても構わないのか?
 
日本は何が出来るのか。
 
大きな問題は、絡む人も大きくて。
 
人は結局他の犠牲の上にしか成り立たないのか。
 
国だけじゃない。
 
17歳の子供を預かりながら、ビール瓶で殴って、
 
結果死なせた大人。
 
暴行を指示したとか、隠蔽行為をしようとしたとか言われています。
 
その全てが真実なのかそうなのか、まだわからないけれど、
 
17歳の青年の死に、その人は真正面から向かい合っているのか?
 
良心に反する事無く?
 
今枝弁護士以下の方々と橋元弁護士。
 
橋元弁護士が公共の電波で発した言葉はまずかったのかもしれない。
 
けれど、その呼びかけに相当数の人が反応した事をどう思うのか。
 
ブログを拝見しけれど、言葉の揚げ足を自己の弁解に使うのではなく
 
その法廷に真実はあるのか?
 
多くの人がその疑問を持っている事実をもっと感じて欲しい。
 
自分の良心に恥じぬ自分でありたいと私は思う。
 
 
 
 
 
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


*忍者ブログ*[PR]
*