忍者ブログ
日々の事、見た映画、読んだ本、漫画の感想も。
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/06 NON]
[01/14 NON]
[11/24 みか]
[10/30 NON]
[09/28 響佑]
最新記事
(01/26)
(01/08)
(01/06)
(01/03)
(12/31)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(01/26)
(01/08)
(01/06)
(01/03)
(12/31)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「・・・響?」
「あ、小城さん」
 ばったり出くわした場所は靴屋。
「何見てるんだ?---スニーカーか」
「はい」
 手にしているのは白地に赤と青のラインの入ったスニーカー。どこか、体育館シューズの様な雰囲気がある。
「いいなぁ~と」
「履いてみればいいじゃないか」
「まぁ、そうなんですけど。----小城さんは何してるんですか?」
「ああ、この先に気になっていたレストランがあって、ランチを食べてきたんだ」
「一人で?」
「まさか」
 そう言って笑った顔で、一緒の相手が誰かわかった。高崎だ。
 なるほど、高崎と2人でランチをしてきた帰りらしい。向こうはもう仕事に向かったのだろう。もうすぐ3時になるから。
「そっちは?」
「咲斗さんはいつも通りでかけました。俺は洗濯しようかなって思ってたけど天気がいまひとつなんで止めて、ちょっと靴の下見に」
「で、それに出会ったのか」
「はい。でも俺が捜してるのはスニーカーじゃないですけよ。こう、革系の・・・」
「なるほど」
 チラっと見た値段は16800円。響の金銭感覚から言うと悩むだろうなぁ。
 小城が口の端を持ち上げたとき、店員が”サイズみましょうか?”の声。
 
 
 10分後、”カードで”と言っている響がいた。
 
 
 
 
 
---------------------
 
ブーツを捜しに出かけたのに、スニーカーを買ってしまった私^^;
 
 
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示

Copyright: No Name Ninja。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


*忍者ブログ*[PR]
*